緑キリスト教会は正統的なプロテスタントのキリスト教会です。

緑キリスト教会 有松チャペル
緑キリスト教会 有松チャペル
創立:1974年
牧師:河野勇一
牧師:松田健志
協力宣教師:ライアン・デイ

緑キリスト教会は日本バプテスト教会連合に所属し、プロテスタント信仰に則って活動するキリスト教会です。
1974年に伝道が開始され、数年前に創立40周年を迎えました。
第一、第二礼拝は40~50名程度、そのほかの礼拝は小ぢんまりとした礼拝です。有松の会堂のほかにも、相生、長久手、徳重、覚王山で礼拝をしています。礼拝後にはみんなでコーヒーやお茶を飲んだりして、家庭的で暖かい教会です。
私たちは一人でも多くの方が教会をたずねてくださることを願っています。そして、この教会を訪れたすべての人たちが、皆イエス様の素晴らしさに出会うことができたら、大変うれしく思います。

 

緑キリスト教会の使命(目的)宣言文


私たちは、神の像(かたち)に創られている人々を神への礼拝に招き、キリスト信仰への入信と神の家族である教会への入会によって神と人とを愛する生活に導き、さらには、彼らをキリストに向けての成熟とキリストのための奉仕、世に向けての宣教に促すことにより、神の栄光をあらわす。


【地域性】

名古屋市の東南端、緑区にあります。旧東海道の鳴海宿と有松絞りを中心にした古い町並みの周辺に新しい住宅地が広がっています。

【沿革】

連合の関東と関西を結ぶべく、東海地区の第一号教会として1974年ミルハウス宣教師と河野牧師が開拓をしました。

【現状】

教会40周年、成熟とともに若い人への継承に取り組んでいます。

【ビジョン】

「福音の谷間」と呼ばれる東海地域に、さらに多くの教会を開拓するビジョンを持った献身者の群れとなることです。

【長期的な標語】

“祈り、愛し、宣教する教会”

【40周年に寄せて】

連合の開拓伝道によって設立された緑教会は、連合諸教会の多くの支援と温かい交わりの中で育てられました。
それを感謝しつつ、今度は私たちが若い教会に手渡していきたいと願っています。


緑キリスト教会の一風景

40周年記念集合写真
40周年記念集合写真

有松チャペルの外観

礼拝の様子(有松チャペル)
河野牧師夫妻・釧路にて
河野牧師夫妻・釧路にて
教会内部
教会内部
クリスマス
クリスマス
JLC(中高生会)風景 教会学校風景
JLC(中高生会)風景
教会学校風景